市販品

市販品シャンプーのメリットはその利便性にあります。最近ではメーカーごとの価格競争も激しくなっており、高品質なシャンプーを安く手に入れることができます。販売場所も24時間営業のドラッグストアやコンビニにも置いてあり、ついうっかり切らしてしまいすぐに必要になったときにでも簡単に購入することができるのは大きなメリットです。
また価格帯が安いということで自分に合ったシャンプーを気軽に選べる、気分によって多くのシャンプーを使い分けるなどシャンプーをファッションのように利用することも可能です。一口に市販品といってもその種類はさまざまで、自分の髪質に変えて選べることには間違いないので選ぶ楽しさもあります。
反面デメリットとしては肌や髪に負担がかかってしまうことです。特に敏感肌の人は注意が必要で少しでも強いシャンプーを使うとかぶれや湿疹の原因になってしまいます。
洗浄成分が強いシャンプーが多いので髪の毛が痛みやすく、そこからカラーなどが流れてしまい、色落ちが早くなってしまうことがあります。
ただ、そういったデメリットも近年では開発技術が進んで少しずつ髪の毛を痛めないような、敏感肌の人でも使えるようなシャンプーが増えてきています。

サロン専売品

サロン専売品シャンプーのメリットは、なんといっても高い効果が望めるということです。シャンプーに使われている成分も良質なものを選んでおり市販品のものより「髪への安全や気配り」が強く反映されています。もちろん市販品のものにそれらがないわけではありませんが、量産される過程で妥協されてしまう部分はいくつかあります。
さらにプロが自分の髪質をその目で確認してお勧めしてくれるのが一番の魅力でしょう。市販品のシャンプーはあくまで大衆向けに作られているために個人個人の細かな違いにまで目が届きません。ですがヘアサロンなどでカットしてもらい、その場でお勧めのシャンプーをチョイスしてもらうことができるサロン専売品シャンプーは自分にあったシャンプーへの一番の近道となります。
また、クセ毛などでお困りの人にもお勧めで髪質を変えてくれるシャンプーもありますのでお悩みの方はヘアサロンで相談してみるのが良いでしょう。
ただ、デメリットとしては価格が高いことです。市販のものに比べてこだわりが強い分、金額にもしっかりと反映されています。高いものだと1万円を超えるシャンプーもあります。また、高いからといって自分の髪に合うとは限らないのでその点も注意が必要です。

美容院のシャンプーと市販のシャンプーの違い

シャンプーを買うときに皆さんはどこでどのような種類のものを購入していますか?薬局やスーパーなどでメーカーが販売しているものを買っている人もいれば、美容室でオリジナルのものを買っているという人、インターネットを使って購入している人など、さまざまだと思います。さらにそこから石けん系やアミノ酸系など細かく分類していけば何十、何百といった種類のシャンプーが世の中には出回っています。
そんな多くの種類のあるシャンプーですが大きく分けると「市販品」と「サロン専売品」の二つに分けることができます。「市販品」は薬局やスーパーで販売されているメーカー品、「サロン専売品」は美容院などで販売されているものです。これらの二つのシャンプーの違いをご存知ですか?各メーカーが販売しているシャンプーに違いがあるように、この二つには大きな違いがあります。
大きな違いがあるということは当然そのどちらにもメリット・デメリットがあります。販売されている価格や入手のしやすさはもちろんこと、使われている成分にも大きな違いがあります。特にサロン専売品のシャンプーには市販品とは違う大きなこだわりポイントや購入するに当たっての大きなメリットが存在します。
ここではわかりやすく市販品のシャンプーとサロン専売品のシャンプーの違いを説明します。
このサイトを見て、あなたの生活スタイルや髪質に合ったシャンプーを選んでより良いヘアライフを送りましょう。